男の人

小学校受験に合格するために|大事なのは家庭環境

脳の発達と運動能力向上

教師と子供

子どもの成長は大人が考えるよりもとても早いです。昨日よりも今日、今日よりも明日と日々成長をしていきます。成長が早いのは、身体だけではなく、脳の発達も赤ちゃんから3歳までが発達の速度が早い時期です。そのために、赤ちゃんから幼児教室で教育する環境を作って上げることで、多くのことを吸収して知能指数が高くなると言われています。

人間の脳は3歳までに約50%完成して、その後5年間で約80%ほど完成するという調査結果もあります。そのため、赤ちゃんのうちからいろいろな体験をして、脳を刺激することは重要だと考えられています。勉強するときも、友達と一緒に遊ぶ時も人間は脳を使っています。赤ちゃんのうち幼児教室に通い、しっかりと脳を使う習慣を作ることで、大人に成長しても自分で考えて行動できる人になるはずです。

さらに、幼児教室で様々なおもちゃを使い、身体を動かすことも大事です。現代の小学生は、ひと昔の小学生に比べると運動能力が低下しています。外で走り回ったり遊んだりする子供が、少なくなったことが原因と言われています。そのため、運動不足で自宅でゲームばかりしている子供は肥満体型になってしまうでしょう。赤ちゃんのうちに身体を動かすことで、運動神経が良くなりますし、運動をすることは健康にも良いことなので風邪をひかない身体を作ることができます。大人になってから運動能力を向上させるのはとても大変なことですが、幼児教室に通い積極に身体を動かすことで健康に成長するでしょう。